FC2ブログ

TENNISへの道のり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本当にそれは正しい?

ストリングが早く切れるのを自慢するかのように言っている人を見かけることがあります。

正直、私にはどこが凄いのかさっぱり分かりません。

私の場合、ストリングを張って貰ってから切れるまでの期間が2カ月、6カ月、10カ月と伸びてきました。

伸びた理由は打つ機会が減ったからではないです。

新鮮なストリングと完璧に施工されたラケットを使っているから、無駄打ちが減ってきたから、ラケットを縦に使え出してきたからです。

以前よりもスピン、スピード、精度が上がってます。

身を持って体験したので、良く分かるのですが、これまで良いこと当たり前だと思っていたことが、実は違っていた。
それも少し違っていたのではなく、全く違っていたということが多いです。

例えば、打ち方もインサイドアウトで下から上にこすり上げるのが正しいと思っていた頃もありましたが、全く違ってました。

TENNISの真実は全てプロストリンガーで教わっています。

http://pstringer.exblog.jp/

これまで正しいと思っていたことを一度検証してみると、新たな発見、上達のきっかけになり、よりTENNISが日々の生活を彩ってくれるのではないでしょうか。
  1. 2014/01/06(月) 21:35:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<騙されないために | ホーム | 矯正ラケット2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fortennis.blog.fc2.com/tb.php/16-b34c02bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。